全世界共通のED治療薬|バイアグラが男性機能を治す

精力剤業界と厚生労働省

精力剤業界と厚生労働省

性欲剤業界というと、「なんだか怪しい感じ」「本当に効果があるの?」といった、全容になんだか霧がかかっているように、はっきりとはわかりにくい業界です。

 

そのような業界を政府の機関である、厚生労働省などはどのように考えているのでしょうか?

 

精力剤業者にとって、守らなければならないルールは薬事法です。それまでは一般的に使用されていたホルモン剤には、厚生労働省は厳しい使用制限を設けていました。

 

戦後に薬害問題が、医師だけの問題でなく、製薬会社にも責任があることが、通達されました。そのために、女性ホルモン剤が医師の診断の元処方するように義務付けられました。

 

当時の精力剤には、男性ホルモンも女性ホルモンをバランス良く配合されていましたが、これをきっかけに、男性ホルモンしか配合されなくなりました。

 

これが現在でも生き残っているホルモン成分配合精力剤です。
現在の精力剤には、女性ホルモンを配合することは一切できません。

 

時代は現代へと移り変わり、精力剤に求めるニーズも変わってきました。今では即効性が求められるようになり、それらの商品開発に、製薬会社は注力したものです。

 

もちろん、男性ホルモン剤にも厚生労働省は、目を光らせているので、いつ何時使用中止となる皮今のところ分からない。

 

厳密にいえば、薬局で男性ホルモンを販売してはいけないという法律はない。

 

しかし、薬事法では、医薬品でないものを販売するときに、その効果や効能を宣伝することを禁止しています。