全世界共通のED治療薬|バイアグラが男性機能を治す

バイアグラについてのマスコミの報道

バイアグラについてのマスコミの報道

バイアグラ登場時のマスコミの報道は、落ち着いてみると偏った報道だったことに気かがつく。

 

日本でも聞いたことがある雑誌『プレイボーイ』と『JAMA』の当時のバイアグラの記事を紹介します。

 

心理学的側面を完全に無視して、勃起不全の原因は生物学的説明にひたすら頼って、インポテンツは器質的な障害が原因だとする類似の説を肯定していました。

 

インポテンツを主に生物学的なものが原因とする考え方を促進しました。理由は雑誌が持っている考え方や医療モデルの促進、泌尿器科など医療界分野のさらなる開拓に対する医学界と関心が一致していたことがあります。

 

さらにインポテンツが器質性障害だという楽観的な考え方に促進すれば、その障害に苦しむ人にはどうすることもできない障害として描くことで、プレイボーイのように男性読者を責任や避難、罪の意識から解放することができるのです。

 

バイアグラの時代になって、インポテンツはもはや心や妻の責任でなくなったどころか、人間生理学の問題となっているのです。患者をはじめ多くの人が助かると考える人がバイアグラの登場で増えたことは確かです。